工事にかかる費用目安

ブレーカー

対応にも注意したい

大阪の一般住宅で電気工事を頼むときの例として、コンセントの増設やインターホンの交換、換気扇の交換などが挙げられます。コンセント増設の電気工事は、壁の中に配線を引く場合3万円から4万円ほどが目安です。ただし電力源とコンセントの位置にもよるので費用はバラつきがありますし、壁の外に配線する露出配線の場合は価格を抑えられます。それから、大阪では旧タイプのインターホンからカメラ付きのドアホンに交換を希望する人が多いです。大阪における基本電気工事料金の目安は6千円で、これに希望のドアホンの費用が加算されます。なお、録画機能付きドアホンの価格は安いもので1万円未満、高いもので2万円弱です。そして、大阪でお風呂の換気扇交換にかかる電気工事費用の目安は、単純な交換作業であれば製品代合わせて3万円が相場です。もし浴室換気暖房乾燥機に交換すると35万円ほどかかります。さらに大阪で多い電気工事には、照明器具の交換もあります。照明器具の価格はピンきりですが、電気工事費用のみだと1万円から1万5千円が費用の目安です。また、天井の照明を分岐させて2ヶ所に増やす場合の電気工事は、2万5千円から3万円が目安となります。電気工事業者選びは簡単ではないですが、見積もり内容を細かく説明してくれる業者は信頼できると評判が良いです。業者を探すときは費用だけでなく、サービス精神を持って仕事をしてくれるかを基準にするのも一つの方法です。

Copyright© 2017 UVフロアコーティングなら業者に頼もう|優良店の見極め方を伝授 All Rights Reserved.