危険なので業者に任せる

コンセント

寿命と注意点について

一般的にコンセントの寿命は十年程度と言われています。勿論、大多数のコンセントは十年を過ぎても問題なく使えるものが多いですし、故障する確率は他の家電と比較しても低いようですが、コンセント自体が消耗品である事には変わりありません。また逆説的に十年間は絶対に安心という訳でもなく、製品によっては初期不良などもあります。寿命には個体差があるというのが実情です。基本的にホコリの多い場所や湿度が高い場所で使用するとコンセントの劣化が早くなります。また何度も抜き差ししたり、消費電力が高い家電をタコ足配線のように繋げる事もコンセントの寿命を削る大きな要因となります。異常過熱したり、差し込み口に変色や変形などが見られる場合は、コンセントを交換する重要なサインになります。放置すれば漏電し、最悪のケースでは感電や火災に繋がりますので、素早い対応が必要です。コンセントを製造するメーカーも十年を目安に交換する事を推奨しています。交換に際しては法律上、電気工事士の資格が必要です。無理に自分で交換しようとした場合、前述の通り感電事故や漏電火災の原因になりかねませんので、専門の施工業者に頼むのが無難な方法です。交換工事の値段も一律には言えませんが、安いところでは四千円程度で済みます。電気工事士の資格自体は誰でも取得できるものですが、コンセントを交換する為だけに資格を取得するのも大変ですので、やはり業者への依頼が安全かつ簡単な方法です。

Copyright© 2017 UVフロアコーティングなら業者に頼もう|優良店の見極め方を伝授 All Rights Reserved.